メンズ

モテるメンズの秘訣とは|ザガーロの力で薄毛進行を阻止

薄毛になってしまう習慣

鏡を見る男性

生活習慣を改善

現在では、薄毛に関する悩みを抱いている人が数多くいます。ストレスによるもので、薄毛になってしまった人がいれば、生活習慣によって症状を発症させてしまったという人もいます。ストレスに関しては、人それぞれの解消方法があると思われます。しかし、生活習慣となると、どんなことが頭皮に悪い影響を与えるのかわかりにくいものです。そこで、薄毛を発症させやすい生活習慣について説明します。理解しておけば、将来的に薄毛になるリスクが軽減される可能性があるので、心当たりがあったら参考にして実践しましょう。

喫煙の影響

頭皮に悪い影響を与える生活習慣は、喫煙です。喫煙習慣がなぜ、薄毛に繋がるのかはタバコに含まれているニコチンに原因があります。ニコチンには、血管を収縮させる作用があるので、血行が悪くなってしまいます。そのため、髪の毛に充分な栄養素が行き届かなくなってしまうのです。最善策としては、やはり禁煙をするのが効果的ですが、ニコチンが切れてしまったら体が求めるようになるのでストレスを抱えやすくなってしまいます。気を紛らわせる何かをするか、専用の禁煙グッズの活用、専門の医師に相談しながら本数を減らしていきましょう。

十分な睡眠を

薄毛になる習慣では、睡眠不足気味の場合も気をつけましょう。人間、寝ている間に成長ホルモンが分泌されるので、毛根細胞も活発になり、髪の毛が生えやすくなります。夜遅くまで起きてしまうと、成長ホルモンの分泌が抑えられてしまうので、髪の毛の成長も抑えられて、薄毛の症状を引き起こしてしまいます。なるべく改善につとめて、頭皮にやさしい生活習慣をおくれば、フサフサな髪をキープできます。